サイトマップ  |  お問合せ  |  English















研究者公募情報 >  University of California, San Francisco ポスドク募集について


University of California, San Francisco ポスドク募集について

University of California, San Francisco(カリフォルニア州サンフランシスコ)Peterlin/藤永研究室では、ポスドクを1名募集致します。当研究室では、主にエイズウイルスの転写メカニズムを分子生物学や生化学の手法を用いて研究しております。おもに細胞培養系を用い、エイズウイルス潜伏感染メカニズムの解明、および潜伏ウイルスの活性化によるエイズの機能的治癒(functional cure)を目指しています。Peterlin教授はこの分野の第一人者の一人で、教授が1987年に発見したHIV Tatタンパクによる転写伸長制御が、実はHIV に特異的なメカニズムではなく、真核細胞の転写一般に当てはまることだ、ということが最近のシステムバイオロジーの発展により明らかになり、最近の転写研究におけるパラダイムシフト(転写制御の律速段階は、今まで言われていたような転写の開始ではなく、伸長段階である)の原動力になりました。最近はHIVのみならず、真核細胞の転写制御に関する研究を幅広く行っています。

[ 採用人数]ポスドク1名

[採用期間]いつでも開始可です。一年ごとの更新。

[ 資格 ]分子生物学、生化学、細胞培養実験の経験を十分にもち、上記研究に興味のある博士号取得(見込)者 。真核細胞転写メカニズムに関する知識や、バイオインフォーマティクス解析の経験があるとさらにプラスです。

[応募締切]該当者が決まり次第締め切ります。

[応募方法]下記書類を添付ファイルとして応募先e-mailアドレスに送って下さい。
(1)履歴書(英語)
(2)指導教官など、推薦状を英語で書いて頂ける推薦者2-3名の氏名と連絡方法
問い合わせ先
[応募先]
Koh Fujinaga, Ph.D.
Assistant Adjunct Professor 
UCSF Department of Medicine,
U442, UC Hall, 533 Parnassus Ave.
San Francisco, CA 94143-0703
415-502-9614
koh.fujinaga@ucsf.edu

 

▲ページTOPへ
Copyright(C)2009 The Japanese Society for Virology All Rights Reserved.