サイトマップ  |  お問合せ  |  English















研究者公募情報 >  科学警察研究所 生物第五研究室 総合職研究員 採用情報


科学警察研究所 生物第五研究室 総合職研究員 採用情報

1. 求人件名:総合職研究員の募集(生物第五研究室)

2. 機関名:科学警察研究所

3. 部署名:法科学第一部生物第五研究室

4. 求人内容:
http://www.nrips.go.jp/jp/recruit/index.html

[機関の説明]
科学警察研究所は、犯罪科学に関する総合的な研究機関であり、科学捜査についての研究・実験及びこれらを応用する鑑定・検査、犯罪の防止及び少年非行防止についての研究・実験並びに交通事故の防止その他交通警察についての研究・実験を行っています。

[仕事内容]
生物第五研究室では、バイオテロやバイオ犯罪現場から採取された環境試料、関係者の衣服・所持品等からの微生物の分離同定法、識別法の研究を行い、それを応用した鑑定・検査も行っています。また、バイオテロに用いられる可能性が高い細菌、ウイルス等の病原微生物及び細菌毒素(生物剤)を対象として、それらの簡易現場検知方法の開発も行ってきました。警察で実施する微生物鑑定は、犯罪捜査や犯罪立証に必要な客観証拠を得るために実施されます。そのために、株レベルでの識別が重要視されています。次世代シーケンスの進歩により微生物全ゲノムシーケンスが広く行われるようになってきていることから、本法を用いた微生物株間の識別方法の開発を目指し研究を推進しています。

5. 勤務地住所:277-0882 千葉県柏市柏の葉6-3-1

6. 募集⼈員:1名

7. 着任時期:平成29年4月1日

8. 応募資格:
国家公務員採用総合職試験の試験区分『化学・生物・薬学』または『農業科学・水産』(院卒、大卒)における最終合格者

9. 待遇:
(1)初任給 ※年齢や職務経験で変更あり
研究職 基本給 199,700円(大卒)227,300円(院卒)266,800円(博士取得)
地域手当含む場合の基本給 211,682円(大卒)240,938円(院卒)282,808円(博士取得)
(2)住居手当 借家に住んでいる者 最大27,000円まで補助
(3)扶養手当 扶養親族に支給 配偶者13,000円等
(4)通勤手当 最大月55,000円まで支給
(5)期末・勤勉手当 年間に俸給等の約4.2月分支給
(6)福利厚生制度(各種共済制度/独身寮・官舎/財形貯蓄制度/育児・介護休暇制度)

10. 勤務形態:
(1)勤務時間 平日9:30〜18:15(週休2日)
(2)フレックスタイム制度導入
(3)年次休暇 初年度15日 翌年度から20日最大40日
(4)特別休暇、リフレッシュ休暇有り

11. 応募期間:
国家公務員採用総合職試験の申込は平成28年4月1日~平成28年4月11日

12. 応募方法:
・国家公務員採用総合職試験を受験してください。
※国家公務員採用試験に関しての詳細は人事院ホームページをご覧ください。
http://www.jinji.go.jp/saiyo/saiyo.htm
※総合職試験の採用候補者名簿は、最終合格発表日から3年間有効です。

13. 選考方法:
・平成28年8月3日~平成28年8月17日の期間に科学警察研究所へ官庁訪問
していただきます。
※官庁訪問は総合職試験の最終合格者が対象となります。
※訪問に際して事前に応募書類等をご準備いただく必要はございません。
・官庁訪問中に科学警察研究所内で面接試験等を行い採用者を決定します。
※官庁訪問の詳細につきましても人事院ホームページをご確認ください。

14. 連絡先:
科学警察研究所総務部総務課 採用担当 吉田
TEL:04-7135-8001
メール:kakeiken_saiyou@npa.go.jp

 

 

▲ページTOPへ
Copyright(C)2009 The Japanese Society for Virology All Rights Reserved.