サイトマップ  |  お問合せ  |  English















研究者公募情報 >  帯広畜産大学原虫病研究センター地球規模感染症学分野特任研究員公募の公募


帯広畜産大学 原虫病研究センター 地球規模感染症学分野 特任研究員の公募

帯広畜産大学 原虫病研究センター ポスドク募集案内

1.身分:特任研究員

2.募集人員:1名

3.勤務地:北海道帯広市稲田町西2線13番地
帯広畜産大学 原虫病研究センター 地球規模感染症学分野 加藤健太郎研究室
(http://www.obihiro.ac.jp/~globalinfection/index.html)

4.採用の条件:
・ 採用日以降、毎年4月1日に契約更新をする。
・ 国立大学法人帯広畜産大学特任教員就業規則に基づき年俸制,裁量労働時間
  制を適用予定。
・ 学内宿舎に入居可能。

5.採用予定時期:平成26年4月1日以降。

6.職務内容:
帯広畜産大学 原虫病研究センターは、科学技術振興機構(JST)「テニュアトラック普及・定着事業」の平成24年度実施機関として選定されました。これに伴い、平成25年3月より地球規模感染症学分野と加藤健太郎研究室が新設されました。さらに、当研究室の主宰者である特任准教授の加藤健太郎が平成25年度「テニュアトラック普及・定着事業」の「個人選抜型」として研究資金等の支援対象となる教員に選定されました。これにより、平成25年度から4年間、研究資金や人件費等が支援されることから、比較的自由に研究が展開できると考えられます。
(http://www.obihiro.ac.jp/topic/2013/tenyua_25.html)
帯広畜産大学原虫病研究センターは、複数の原虫病関連の研究分野と約100名の研究者、職員、学生が集結した国内最大規模の原虫病の研究センターで、ソフト面、ハード面とも原虫感染症に特化した研究を制約なく行うことが可能です。畜産・獣医学分野だけでなく、ヒトの感染症を含めた原虫病が研究対象となります。平成24年度から北海道大学・帯広畜産大学共同獣医学課程が実施され、現在重点的な予算配分がなされていることも、研究生活を後押ししてくれるでしょう。(http://www.obihiro.ac.jp/~protozoa/index.html)
加藤健太郎研究室では具体的には、マラリア原虫、トキソプラズマ原虫、クリプトスポリジウム原虫を研究対象として、原虫ワクチン、抗原虫薬の開発をアウトプットとしながら、宿主細胞侵入機構の解明、潜伏感染機構の解明、原虫酵素の機能解析等について、分子生物学的手法やウイルス学的手法を駆使し、常にホスト(宿主)と病原体との相互作用の観点から解析を進めています。研究室の詳細についてはホームページをご覧ください。
(http://www.obihiro.ac.jp/~globalinfection/)
今回、新設研究分野の立ち上げを担当教員・大学院生と協力して行い、上記の研究課題に意欲的に取り組める、健康な方を募集します。原虫感染症の研究経験は問いません。また、センター独自や他の特任研究員の枠もあり、将来も継続的に原虫感染症の研究を行える可能性があります。研究室や居室は新しく、スタイリッシュなデザインと開放的な空間の中で研究に打ち込むことができます。

参考文献:①Proc Natl Acad Sci U S A. 101:8721-8726. ②Proc Natl Acad Sci U S A. 102:5552-5557.③J Biol Chem. 285:1716-1725. ④Eukaryot Cell. 9:667-670. ⑤PLoS One. 6:e22492. ⑥PLoS One. 7:e30169. ⑦Int J Parasitol Drugs Drug Resist. 3: 93-101. ⑧Sci Rep. (Nature Publishing Group) 3: 3178. ⑨Sci Rep. (Nature Publishing Group) 3: 3199.

7.応募方法:
・ 履歴書(写真付、電子メールアドレス記載、フォーマット自由)
・ 研究業績一覧
・ 応募者の研究能力を評価しうる者2名の氏名と連絡先

8.応募期限:適任者が得られた時点で締め切ります。

9.応募書類送付先および問合せ先:
〒080-8555 北海道帯広市稲田町西2線13番地
帯広畜産大学 原虫病研究センター 地球規模感染症学分野
加藤健太郎
Tel : 0155-49-5645 
FAX : 0155-49-5646 
E-mail : kkato@obihiro.ac.jp
応募書類は連絡先宛にメール添付でお送りください。

10.担当教員経歴(加藤健太郎)
京都市出身。獣医師。
2000年    東京大学農学部獣医学課程獣医学専修卒業
2003年    東京大学大学院農学生命科学研究科獣医学博士課程修了(短縮)
2003年   米国国立衛生研究所 (NIH) Visiting fellow 
2005年   東京大学大学院農学生命科学研究科 助手/助教
2013年   帯広畜産大学 原虫病研究センター 特任准教授
東京大学大学院農学生命科学研究科 准教授(委嘱)
岐阜大学大学院連合獣医学研究科 特任准教授

▲ページTOPへ
Copyright(C)2009 The Japanese Society for Virology All Rights Reserved.