サイトマップ  |  お問合せ  |  English















TOP > 日本学術振興会研究拠点形成事業国際シンポジウムのご案内


日本学術振興会研究拠点形成事業国際シンポジウム
The 2nd International Symposium on Virus Infection and Host Response (INFECTION + IMMUNITY) × EVOLUTIONのご案内

京都大学ウイルス・再生医科学研究所を中心とした日本学術振興会研究拠点形成事業「ウイルス感染と宿主応答の総合的理解に向けた国際研究拠点形成」では、ウイルス感染と宿主応答の世界トップクラスの研究交流拠点を創設することを目的に平成26年度よりプロジェクト活動を続けてきました。
このたび、本プロジェクトの成果報告の一環として、国際シンポジウム
「The 2nd International Symposium on Virus Infection and Host Response, (INFECTION + IMMUNITY) × EVOLUTION」を英国ロンドンの在英日本国大使館にて開催いたします。
本シンポジウムでは、各国の研究拠点の代表者を含む著名な研究者が、傑出した研究成果を発表するとともに、最先端の研究成果について議論します。

開催概要
名称
Japan Society for the Promotion of Science (JSPS) Core-to-Core program
The 2nd Symposium on Virus Infection and Host Response
(INFECTION + IMMUNITY) × EVOLUTION

Web
サイト
https://www.c2c-iie.org/

会期

平成31年3月6日13:00~20:00(開場12:15)
平成31年3月7日10:00~13:30(開場9:30)

会場

在英日本国大使館
住所 101-104 Piccadilly London W1J 7JT
最寄駅 Green Park 駅(Jubilee line, Piccadilly line, Victoria line)、Hyde Park Corner 駅(Piccadilly line)
地図 https://www.c2c-iie.org/venue.html

定員

100名(登録順で定員になり次第、登録を終了いたします)

参加費

無料(事前登録が必要です)

申し込み

下記の参加申込みフォームより、お申し込みください。
https://goo.gl/forms/ZiqvAb2KT7UEd0Ng2

主催

京都大学、Imperial College London

共催

新学術領域「ネオウイルス学」

プログラム

2019年3月6日                
12:15-13:00         受付                   
13:00-13:20         開会式
セッション1   
13:20-13:50         Yoshio Koyanagi 
Molecular dissection of HIV infection event
13:50-14:20         Dong Sung An
Genetic engineering of hematopoietic stem cells for HIV cure
14:20-14:50         Masao Matsuoka
Strategy and pathogenesis of human T-cell leukemia virus type 1
14:50-15:20         Charles R.M. Bangham
The human T cell leukaemia virus HTLV-1: persistence and pathogenesis
15:20-15:40         コーヒーブレイク
セッション2                 
15:40-16:10         Osamu Takeuchi
Control of immune responses by ribonucleases
16:10-16:40         Jean-Marc Reichhart
DANGER signal activation of the Innate Immune System
16:40-17:10         Takashi Fujita
Light and Dark Sides of Antiviral Innate Immunity
17:10-18:00         Caetano Reis e Sousa
Antiviral RNA interference in mammals
18:00-20:00         ポスターセッション                   

2019
年3月7日                         
9:30-10:00           受付
セッション3   
10:00-10:30         Takeshi Noda
Formation of influenza virus ribonucleoprotein complexes
10:30-11:00         Martin Schwemmle
Reverse genetic analysis of the newly discovered bat influenza A-like viruses
11:00-11:30         Keizo Tomonaga
An endogenous bornavirus-derived long noncoding RNA suppresses exogenous viral infection by regulating histone pre-mRNA processing
11:30-11:50         コーヒーブレイク
セッション4    
11:50-12:20         Francis Jiggins
Parallel adaptation of rabbit populations to myxoma virus
12:20-12:50         Marco Vignuzzi
Good and bad neighbourhoods in viral sequence space: Monitoring, predicting, altering and targeting virus evolution.
12:50-13:20         Raul Andino
Intrahost RNA virus evolution: experimental-guided mathematical modeling
13:20-13:30         閉会の辞                         

問い合わせ先
下記のフォームよりお問い合わせください。
https://www.c2c-iie.org/contact.html

▲ページTOPへ
Copyright(C)2009 The Japanese Society for Virology All Rights Reserved.