サイトマップ  |  お問合せ  |  English















TOP >  地球規模保健課題解決推進のための研究事業の若手・女性育成のため日米共同研究に係る公募


平成30年度「地球規模保健課題解決推進のための研究事業(日米医学協力計画)の若手・女性育成のため日米共同研究」に係る公募について


【公募概要】
日米医学協力計画は、アジア地域にまん延する疾病等に関する研究を、日米両国で共同して行うことを目的としています。
今回の公募は、日米医学協力計画の枠内で、日米及びアジア地域の研究者が協力し、アジア地域にまん延するウイルス性疾患・免疫に関する研究を推進することで、若手や女性の研究者の育成を目指す共同研究の提案を求めています。

・公募分野: ウイルス性疾患・免疫
・研究開発費: 1課題当たり総額50,000米ドル(間接費含む)
・研究開発実施予定期間: 平成30年度
・新規採択予定件数:  0~8課題程度
・対象 日米、米亜、または日米亜の共同チーム (ただしAMEDは日本サブチームのみと契約を行う。)
・対象者の条件 日本と米国のサブチームの少なくとも一方で、若手または女性研究者がサブチームのリーダーとなること
・公募期間: 平成29年9月26日(火)~12月2日(土)13時59分(※米国東部標準時12月1日23時59分) 
(上記期間内にCRDF Globalのウェブサイトへ応募することに加え、e-Radでの応募が必要です。e-Rad応募の締め切りは12月1日(金)12時00分です。)

【公募案内】
○CRDF Global (英文公募要領を掲載)
http://www.crdfglobal.org/funding-opportunities/2018-USJCMSP

○AMED (「日本側応募者応募注意事項」を掲載)
http://www.amed.go.jp/koubo/030120170926.html


▲ページTOPへ
Copyright(C)2009 The Japanese Society for Virology All Rights Reserved.