サイトマップ  |  お問合せ  |  English















TOP > 第6回日本微生物学連盟フォーラム「人類は感染症を克服できるか」について


第6回日本微生物学連盟フォーラム「人類は感染症を克服できるか」の開催について


日   時:    2016年4月23日(土) 13:30~17:00

場   所:    東京大学駒場キャンパス 21KOMCEE
         井の頭線、駒場東大前東大口より徒歩5分
         (http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/map02_02_j.html)

主   催:    日本微生物学連盟

参 加 費:   無 料

参加要領:フォーラム参加ご希望の方は、申込用紙に必要事項をご記入の上、
      下記申込先までFAXでお送りください。Emailの場合は、申込書の内容
      をメール本文に記載の上、お申し込みください。先着200名まで参加
      可能です。
       [開催概要・申込書PDFファイル]

申込先:日本微生物学連盟事務局 あて
     〒112-0002 文京区小石川4-13-18 株式会社 微生物科学機構内
     FAX 03-6231-4035 Email fmsj-office@umin.ac.jp

司会
岡部 信彦(川崎市健康安全研究所所長、第6回日本微生物学連盟フォーラム
       世話人代表)
柳 雄介(九州大学大学院医学研究院ウイルス学教授、日本微生物学連盟理事長)


プログラム
13:30~13:40 開会挨拶 岡部 信彦
(川崎市健康安全研究所所長、第6回日本微生物学連盟フォーラム世話人代表)

13:40~14:10 根絶された天然痘(痘瘡)
国際医療福祉大学塩谷病院 教授 倉田 毅

14:10~14:40 ポリオ(小児まひ)は根絶できるか
国立国際医療研究センター国際医療協力局 国際情報専門職 蜂矢 正彦

14:40~15:10 麻疹(はしか)の排除はどこまで進んだか
国立感染症研究所ウイルス第三部 部長 竹田 誠

15:10~15:20 休憩

15:20~15:50 風疹・先天性風疹症候群発生の抑え込みは可能か
国立感染症研究所感染症疫学センター第三室 室長 多屋 馨子

15:50~16:20 新たな感染症に備える:ジカウイルス感染症等の蚊媒介性ウイルス感染症を例として
国立感染症研究所 所長 倉根 一郎

16:20~16:50 総合討論

16:50~17:00 閉会挨拶 柳 雄介
(九州大学大学院医学研究院ウイルス学教授、日本微生物学連盟理事長)

17:00~     終了後、会場入口付近のスペースにて質問・意見交換コーナーを
         設置します。コーヒー・紅茶・ソフトドリンクなど(無料)をご用意して
         お待ちしておりますので、お気軽にどうぞ。

   

 

 
▲ページTOPへ
Copyright(C)2009 The Japanese Society for Virology All Rights Reserved.