サイトマップ  |  お問合せ  |  English















TOP > 文科省科研費・新学術領域研究(領域提案型)「マトリョーシカ型進化原理」の公募


文科省科研費・新学術領域研究(領域提案型)「マトリョーシカ型進化原理」
の公募について


日本ウイルス学会の皆様

既にご存じの方もおられると思いますが、本年度から5年間の予定で、文科省科研費・新学術領域研究(領域提案型)「マトリョーシカ型進化原理」(領域代表:国立感染症研究所 野崎智義)が開始されます。

本領域は、原生生物・哺乳動物・植物・藻類などの真核生物におけるオルガネラ(細胞内小器官)の特殊な進化の様態を明らかにするとともに、内部共生(Endosymbiosis)・寄生という生活様式が真核生物にもたらす生物進化の分子機構を解明することを目指す研究領域です。ウイルスは細胞内共生・寄生という特殊な生活様式をもち、宿主を改変する様々な仕組みを有し、入れ子構造の内部共生による真核生物進化の原理の中で、重要な役割を果たしていると考えられます。特に、ウイルスの内部共生が、宿主である原生生物・藻類・植物・動物などを改変する仕組み、更にオルガネラや核を修飾し、宿主真核生物の進化を誘起する機構は、本領域において不可欠な研究項目です。研究内容の詳細は、領域のHP、
http://www.matryoshka-evolution.jp/をご覧ください。

本領域では、計画研究として15名の研究代表者・分担研究者が参加していますが、それに加えて、公募研究として、2カ年ずつ計2回(4年間)にわたり、個人研究を募集します。H24年度からの既に文科省のホームページ上で公募が開始されています。文部科学省科学研究費補助金、新学術領域の公募に関するお知らせは、http://www.mext.go.jp/a_menu/shinkou/hojyo/boshu/1310474.htm
をご覧ください。

『平成24年度科学研究費助成事業ー科研費ー(新学術領域研究、特定領域研究、特別研究促進費)の公募
公募要領・計画調書のダウンロードページ』をクリックし、『研究者が作成する様式』の項目の(2)継続の研究領域>研究計画調書にある様式S-1-21が申請書類になります。

公募期間は11月10日までですが、各大学(研究施設)の締め切りにご注意ください。

上で述べたように本研究領域は、すべての真核生物(の、特に特殊オルガネラ機能)を研究対象としています。是非、皆様のウイルス学の研究内容に、内部共生によるオルガネラと真核生物の進化という観点を加えて、良い研究提案をお送りください。多くの優れた研究提案をお待ちしています。ウイルス学・細菌学・真菌学・原虫学・藻類学・感染症学・生態学・進化学など幅広いバックグラウンドから広く優れた研究提案を期待しています。

ご不明な点があれば、nozaki@nih.go.jpまでメールでお問い合わせください。

***************************************************************
野崎智義
〒162-8640東京都新宿区戸山1-23-1
国立感染症研究所 寄生動物部 部長
Tel:
ダイアルイン 03-4582-2690
大代表 03-5285-1111 内線2600
Fax: 03-5285-1219
E-mail: nozaki@nih.go.jp
HP: http://www.nih.go.jp/niid/para/parasite.html

併任
筑波大学大学院生命環境科学研究科
情報生物科学専攻 教授
〒305-8572 つくば市天王台1-1-1
***************************************************************

▲ページTOPへ
Copyright(C)2009 The Japanese Society for Virology All Rights Reserved.