サイトマップ  |  お問合せ  |  English















TOP > 第7回ウイルス学キャンプ in 湯河原のご案内

第8回ウイルス学キャンプin湯河原のご案内

目的:ウイルスは自然の生態系の中で多様な進化を遂げてきました.それぞれのウイルスが異なる宿主と関わり合いながら,複製・増殖や遺伝子発現の機構が最適化されてきたからです.このような多様性を持つウイルスは生物界の小宇宙とも言えるものであり,益々興味深い研究対象となっています.ヒトや動植物のウイルス感染症を克服するための研究だけでなく,ウイルスを研究や医療の道具として用いる試みも進められています.また,ウイルスの研究が生命現象の根幹をなす現象の解明につながる例や,ウイルスと宿主の相互作用を探ることによって,他の研究手法では見えなかった宿主細胞機能を浮き彫りにできる例もあります.このように,ウイルス学は今後一層幅広い展開を示すことが期待されており,いろいろな側面からウイルスと取り組める学際的な視野を持つ研究者が求められています.
そこで,ウイルス学とつながりのあるいろいろな分野の若手研究者がお互い切磋琢磨する場として「ウイルス学キャンプ」を毎年開催しています.この「キャンプ」は先輩研究者の話を聞くだけでなく,お互いの研究成果の発表と議論を通じて切磋琢磨する場でもあります.完成した成果ばかりでなくても構いません.困難な実験の突破口や次のステップに向けた研究の進め方,新たな研究のヒントなどを見つける機会を提供することも目的としています.例年,各参加者が自由にコミュニケーションできる和気藹々の楽しい雰囲気で行っています.現在ウイルス学に携わっている人だけでなく,これからウイルスを用いた実験を行うことを考えている人や,自分の研究とウイルス学との接点を見出したいという人など,広く参加を呼び掛けたいと思います.

主催:ウイルス学キャンプ実行委員会
共催:日本ウイルス学会教育研究支援委員会
後援:日本ウイルス学会
日時:2011年11月7日(月)13時30分から8日(火)12時まで
場所:ニューウェルシティ湯河原(静岡県熱海市)http://www.welcity-yugawara.co.jp/
JR湯河原駅(東海道本線)下車,
バス2番乗場,奥湯河原行・不動滝行7分,理想郷下車,徒歩1分
TEL:0465-63-3721
対象:ウイルスやウイルス学に興味のある学生(学部学生,大学院生)や若手研究者(ポスドク,常勤スタッフなど).今までの研究歴やウイルスを 扱った経験は問いません。ウイルス学会員以外の他分野の研究者の参加も歓迎します.

内容:
11月7日(月)
*教育講演
夏目徹先生 産業技術総合研究所バイオメディシナル情報研究センター・細胞システム制御解析チーム・チームリーダー
演題: モノづくり日本!で挑むプロテオミクス革命

*若手講演
一戸猛志先生 九州大学大学院医学研究院 ウイルス学
演題:ウイルス感染におけるインフラマゾームの役割
11月7日(月)
*口頭発表(希望者)
ポスター発表だけでなく,さらに自分の研究成果をアピールすることを希望する人には口頭発表の時間を設けます.希望者は申込用紙にその旨を記入してください.
(詳細なプログラムは参加者に直接お知らせします。)
11月8日(火)
*ポスター発表(全員)
一般参加者には全員ポスター発表を行っていただきます.まだ発表できるデータはないが参加したいというような方は現在進行中の実験の話や自己紹介のポスターだけでも結構です.敷居が高いと考えずにぜひ参加してください.

定員:50名
費用:参加,宿泊費用(夕食・朝食代を含む)として1万円を予定.
参加申し込み:以下の書式をコピーして電子メールで下記申し込み先まで御連絡ください.

お問い合わせ,申し込み
共に電子メールのみに限らせていただきます.

締切:10月24日(月)
定員に達した場合は,早めに締め切らせていただく場合があります.
申し込み,問い合わせ先:
湯河原キャンプ事務局
(財)東京都医学総合研究所 ウイルス感染プロジェクト
小池 智
e.mail : ns-yugawara @ igakuken.or.jp (@前後のスペースを削除して送ってください)
*********************************************************
第8回ウイルス学キャンプ参加申込書

氏名:(フリガナもお願いします)
性別:(部屋割りを決めるため)
所属:
職名:(学生,大学院生の場合は学年も)
所属住所:
電話番号:
ファックス:
電子メールアドレス:
現在の研究内容:(○○ウイルスの複製機構,××化合物の研究など簡単に記述してください.研究テーマ未定の方は,「未定」あるいは興味のある内容などを書いていただければ結構です.)
口頭発表希望 する/しない
希望する場合は演題名と簡単な内容(200字程度)を記入してください.
*********************************************************
▲ページTOPへ
Copyright(C)2009 The Japanese Society for Virology All Rights Reserved.