サイトマップ  |  お問合せ  |  English















関連研究会情報 > 第13回ウイルス学キャンプ in 湯河原開催のご案内

〜 第13回ウイルス学キャンプ in 湯河原 開催ご案内 〜

主催:ウイルス学キャンプ実行委員会
共催:日本ウイルス学会
    文科省科研費新学術領域「感染コンピテンシー」研究班
    文科省科研費新学術領域「ネオウイルス学」研究班

はじめに:「ウイルス学キャンプ」をよく知らない方はこちら

日時:2016年8月30日(火)13:30 〜 8月31日(水)12:00まで

場所
:ニューウェルシティ湯河原
    静岡県熱海市泉107
    TEL:0465-63-3721
    http://www.welcity-yugawara.co.jp/
    湯河原駅 (JR東海道本線) 下車、バス2番乗り場
    奥湯河原行・不動滝行 約7分、「理想郷」下車、徒歩1分

対象
:主に若手研究者(大学院生、ポスドク、大学学部生、常勤・非常勤
   研究者など)。非ウイルス学会員の参加も歓迎します。研究を真剣
   に行っている・行いたい方。

プログラム
2016年8月30日(火)
*招待講演
 1. 演題:「APOBECファミリーとその抗ウイルス活性」
   金沢大学 医薬保健学総合研究域・医学系 分子遺伝学  
   村松 正道 先生

   要旨:APOBECファミリーは、DNAやRNAの塩基置換活性を持つ
   酵素群である。APOBEC1やAIDは、RNA編集や抗体遺伝子改編
   をおこない、新たな機能をもった遺伝子産物を作りだす。一方、
   APOBEC3はウイルスゲノム情報を破壊する事で抗ウイルス因子
   として働く。本発表ではAPOBECとB型肝炎ウイルスやパピローマ
   ウイルスなどのヒト小型DNA腫瘍ウイルスとの関わりを概説し、
   APOBECの役割を病態と関連づけながら議論したい。

 2. 演題:「ダニ媒介性フラビウイルスの神経病態発現機序」
   北海道大学大学院獣医学研究科 公衆衛生学教室  
   好井 健太朗 先生

   要旨:ダニ媒介性フラビウイルスには、ヒトや動物に重篤な神経
   症状を引き起こすウイルスが多く属しています。この神経病態の
   発現には、脳の神経細胞におけるウイルスの特徴的な増殖機構
   が関与している可能性が、近年の私達の研究により明らかに
   なってきています。本発表ではそれらに関わるウイルス要因や
   分子機序に関してご紹介させていただきます。

 3. 演題:「エンテロウイルス71の病原性解析」
   東京都医学総合研究所 ウイルス感染プロジェクト  
   藤井 健 先生

   要旨:エンテロウイルス71(EV71)は手足口病の原因ウイルスの
   一つであり、稀に脳幹脳炎や急性弛緩性麻痺などの神経合併症
   を引き起こす。
   しかしその神経病原性発現機構は不明である。EV71神経病原性
   発現機構を解明するため感染受容体であるヒトSCARB2を発現した
   マウスモデルを樹立した。本発表ではEV71感染マウスモデルを
   用いた病原性解析について紹介したい。

 

*口頭発表(希望者から数名)
 ポスター発表よりも参加者全員に自身の研究を聞いて欲しいと
 いう方は、口頭発表にお申し込み下さい(希望者多数の場合は希望
 に添えない場合もありますのでご了承下さい)。

*夕食、お風呂
*懇親会、自由討論

 

2016年8月31日(水)
*mini talk
 一般参加者全員による自身の研究紹介。
 〜あなたの研究の面白さは?何を目指していますか?〜

*ポスター発表
 口頭発表以外の一般参加者には基本的に全員、ポスター発表を
 お願いします。まだ発表できるデータがない方は現在進行中あるいは
 これからの研究計画などでも結構です。

詳細なプログラムは参加者に直接、お知らせします。

 

申込に関して
定員:計50名(先着順で、定員になり次第締切らせていただきます。
本年は例年以上に宣伝をおこないますので、お早めにお申込下さい。)

費用:参加費 3,000円 + 宿泊費 10,000円

参加申込方法:以下の書式に沿って、電子メールで下記までご連絡
下さい。

締切:2016年7月15日

申込宛先、問い合わせ:
ウイルス学キャンプ in 湯河原 事務局
国立感染症研究所ウイルス第二部 渡士幸一
e-mail: virology-camp*nih.go.jp (*を@に変更して送信してください)

---------------
第13回 ウイルス学キャンプin湯河原 参加申込書

氏名:(フリガナもお願いします)

性別:(部屋割りを決めるために記入お願いします)

所属:

職位:(学生、大学院生の場合は学年も)

所属施設住所:

所属施設電話番号:

電子メールアドレス:

発表演題名:

希望発表形式:[口頭、ポスターのいずれか(口頭発表希望でも
ポスターになることがありますのでご了承ください)]
口頭発表希望の場合、要旨(200字程度):
---------------

 

▲ページTOPへ
Copyright(C)2009 The Japanese Society for Virology All Rights Reserved.