サイトマップ  |  お問合せ  |  English















関連研究会情報 > 第10回日中ウイルス国際学会のご案内

第10回日中ウイルス国際学会の開催のご案内

日本側会長:山西弘一 (独立行政法人 医薬品基盤研究所)
中国側会長: Prof. Shao Yi Ming (China CDC)

日中ウイルス学会は日本と中国が2年ごとに交互に開催している学会で、次回の第10回学術集会は中国長春市の中国吉林大学で開催されることになりました。日本と中国のウイルス研究者がウイルス学、感染症学、免疫学、公衆衛生などについて研究成果を発表する場となります。以下に概要をお示ししますので、多くの方のご参加をお願い致します。

テーマ: Virus biology, viral diseases, immunology, antiviral drugs, epidemiology, prevention and control.

開催場所と日時:2014年8月25~27日 中国長春市吉林医科大学

参加登録:添付の申し込み用紙に記入し、中国側事務局までE-mailにてお送り下さい。
Websiteがまだ立ち上がってないため、用紙の請求は、日本側事務局までメールにて御連絡下さい。

登録締め切り:2014年7月25日

参加料: 6,000円  学生、3,000円

演題募集(抄録):
全て口頭発表です。ポスター発表はありません。
添付の申し込み用紙に記入し、中国側事務局までE-mailにてお送り下さい。まだWeb siteが立ち上がっておりません。

登録締め切り:2014年7月25日
(抄録締め切り:2014年7月25日)

Registration and abstract form(Wordファイル)


中国側学会事務局(参加申し込み書と抄録の送付先)
Prof. Fengmin Zhang
Department of Microbiology, Harbin Medical University,
No.194, Xuefu Road, Harbin 150081, China
E-mail: fengminzhang@ems.hrbmu.edu.cn, または zhonghmu@gmail.com
Mobile phone: +86-139-4517-2269 (mobile), +86-137-9660-2339 (mobile)
TEL & FAX: +86-451-8666-9576

日本側学会事務局(連絡先)
第10回日中国際ウイルス学会世話人代表 有川二郎
060-8638 札幌市北区北15条西7丁目
北海道大学医学研究科微生物学講座病原微生物学分野
e-mail: (学会事務専用)takashinom2126@med.hokudai.ac.jp
tel: 011-706-6905

Timetable is almost fixed but small change is possible.

Aug. 25
16:00-20:00 Registration
18:30-20:30 Opening ceremony and Dinner
19:30-20:30 Meeting of Panel members

Aug. 26
8:30-9:30 Keynotes (Chinese side)
9:30-10:30 Keynotes (Japanese side)
10:30-10:50 Coffee break
10:50-12:00 General oral presentation
12:00-14:00 Lunch
14:00-15:50 General oral presentation
15:50-16:10 Coffee break
16:10-18:00 General oral presentation
18:30-20:30 Dinner

Aug. 27
8:30-10:30 Round table discussion: The perspective of collaboration of Chinese-Japanese virologists

10:30-10:50 Coffee break
10:50–11:20 Summary of oral presentation
11:30-12:00 Closing ceremony
12:00-14:00 Lunch
14:00-20:30 Excursion inside the campus and/or Harbin city

Aug. 28 Tour and Leave

(Note) : Speakers and titles of Key Note, Workshop and Open Seminar will be announced later.


▲ページTOPへ
Copyright(C)2009 The Japanese Society for Virology All Rights Reserved.